現地時間2月7日に開催されたスコットランドリーグ第25節で、日本人5選手を擁する首位のセルティックは、7位とハイバーニアンと敵地で対戦した。

 日本代表帰りの前田大然が先発し、古橋亨梧はベンチスタート。前田と共に戦ったアジアカップで負傷した旗手怜央、岩田智輝、小林友希はベンチ外となった。

 前節でアバディーンと1−1で引き分け、公式戦の連勝が6で止まったセルティックは開始10分、いきなりPKを獲得。今冬にノーリッジからレンタルで加入したアイダが、GKマーシャルの逆をつくキックできっちり決め、さっそく先制に成功する。

 18分には前田が斜めのパスにペナルティエリア内で反応し、絶好機となりかけるも、トラップが上手くいかず。シュートを打つ前にチャンスが潰える。

 26歳の日本代表FWは、以降も積極的にペナルティエリア左付近でパスを受けるが、追加点には繋がらない。
【動画】途中出場で決勝点演出!エース古橋の値千金PK獲得をチェック
 1−0で折り返すと、53分に前田が絶妙なクロスを供給。しかし、アイダがボレーで合わせたシュートはクロスバーを直撃したうえ、オフサイドの笛が吹かれる。

 2点目が遠いなか、60分にFKの流れからレビットに叩き込まれ、同点に追いつかれる。

 流れを変えるべく、72分に2枚替えを敢行。前田とベルナルドを下げ、古橋とパルマを送り込む。

 昨季のスコットランドリーグ得点王でもある古橋は、88分にワンツーから左足を振り抜くも、マーシャルの正面に飛ぶ。ただ、シュート時の接触でPKを獲得。これを90+2分にアイダが成功させ、土壇場で勝ち越す。

 このまま2−1でタイムアップ。途中出場した古橋の活躍で、セルティックが劇的勝利を収めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「問題はキョウゴではなく、供給がないこと」“古橋外し”を求めるセルティックサポの声に地元メディアが反論!「解決策ではない」
 
【記事】「なぜ日本に1−6で大敗したチームが決勝に進めたのか」韓国を撃破したヨルダン戦士たちの回答は?「日本は強かった。だけど...」【現地発】
 
【PHOTO】スタジアムを華やかに彩る! アジアカップを盛り上げる美女サポーターを特集!