日本サッカー協会(JFA)は2月8日、パリ五輪・アジア最終予選の北朝鮮戦に挑むなでしこジャパンのメンバーを発表。会見で佐々木則夫女子委員長が、アウェー北朝鮮戦の懸念点について語った。

 ホーム&アウェー方式で行なわれる最終予選。日本の第1戦は24日、敵地(平壌・金日成スタジアム)で行なわれる予定だった。しかし一転して会場が“未定”に。
【PHOTO】パリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との2連戦に挑む日本女子代表招集メンバー22名を一挙紹介!
 会見で佐々木委員長は、中立地での開催に向けてAFCが動いているとしつつも、「本来の会場だった平壌での開催もゼロではない」とコメント。そのうえで、平壌開催となった場合の懸念点を次のように説明した。

「グラウンド状況の視察自体ができないという状況。非常に寒くて、人工芝が凍っているようなところでやるのは危険だし、あまりそういうところでトレーニングをするのもリスクがある」

 また、北朝鮮での生活面についても「(滞在する)期間はそんなに長くないが...」としつつも「普段とは少し違った状況下で、自分たちの健康面を考えなければならない」と選手の身体を第一に、対応策を検討していくと語った。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】「なんというゴラッソだ!」マンC長谷川唯が決勝弾!圧巻の強烈ミドルにファン衝撃「史上最高のプレーヤー」

【記事】「まあ12年、歳を取っているんで」ローマ熊谷紗希が滲ませた“重厚な欧州キャリア”への矜持。セリエA終盤、そして北朝鮮戦へ「落ち込んでいる暇はない」【現地発】

【記事】「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響