5試合で8失点――。これが、アジアカップで日本が敗れた理由のすべてだ。

 日本は準々決勝のイラン戦で逆転負けを喫した。前半に守田英正のゴールで先制したものの、後半にイランのパワープレーに屈する形で2失点し、ベスト8で大会を終えた。

 ロングボール対策の課題、セットプレーの準備、GK鈴木彩艶の不安定なプレー、板倉滉のコンディション不良など、イラン戦は日本の弱点がすべて露呈した試合となった。

 とりわけ後半、イランのハードワークに苦しみ、競り合いにも負け続けた。終了間際に与えたPKを鈴木がストップしていたら、息を吹き返していたかもしれない。ただ、あの時点で、あれだけイランのパンチを喰らっていたら、もはやノックアウト状態だ。

 町田浩樹や谷口彰悟を入れて5バックにしたところで、その後のイランのパワープレーを跳ね返す余力はもはや残っていなかっただろう。

 日本はイランやイラクのように撃ち合いに持ち込んでくるチームに弱い。言い換えれば、ファイティングスピリットを前面に押し出してくるチームに対する「耐性=タフさ」が足りない。スカウティング的には、今後に日本と対戦するチームに、「地上戦を避けて空中戦に持ち込めばいい」というお手本を見せてしまった。

 リードを守り切れなかったイラン戦の後半しかり。アジアレベルでこれほど失点するようでは、ワールドカップ優勝は夢物語だ。失点の多いチームは、優勝はもちろん、目の前の試合に勝つことすら難しくなる。
 
 守備の重要性はいつの時代でも同じだ。私が現役時代、鹿島アントラーズでジーコから言われたことも、まさにそれだ。

「ボールを奪われたら早く守備をするんだ!」
「全員がもっと守備の意識を持たないとダメだ!」

 日々のトレーニングはもちろん、試合前のミーティングでもピッチの上でも、とにかくジーコは守備のことばかり言ってきた。

 ジーコといえば、かつてブラジルの10番を背負ったスーパースターだ。華麗なスルーパスやテクニックでファンを魅了するイメージが強かっただけに、守備のことを言われた時はとても驚きだった。ただ、守備意識がチームに浸透したことで勝てるようになって、いつしか鹿島は常勝軍団と呼ばれるようになった。

 話をアジアカップに戻すと、8強敗退の日本は5試合で12得点をマークした。得点数で言えば、ベスト8のチームの中で最も高い得点数を叩き出している。2位は11得点の韓国、3位は10得点のイラン、ヨルダンと続いている。

 しかし失点数は先述のとおり、毎試合失点を重ね、5試合で8失点だ。この数字はベスト8のチームの中で、韓国と並んでワーストだ。アジアカップの日本は、得点も多いが失点も多かった。

 日本は、イランやカタールのように撃ち合いに持ち込むサッカーを目ざしているわけではない。それで勝ち切れるほどのタフさもない。ならば、失点を減らすことが今後の課題だ。

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!
 失点をなくすには、セットプレーとロングボールの対策、あとはサイドバックの強化が急務だろう。とりわけサイドバックの人材不足は深刻だ。人選から見直す必要がある。

 現在、日本の左サイドバックは伊藤洋輝、中山雄太とCBもできるタイプが揃う。一方、右サイドバックは菅原由勢、毎熊晟矢とCBではない攻撃的な選手が揃う。

 今大会で言い続けてきたように、サイドバックはサイドのバック=ディフェンダーが本業だ。まずは守備ありきでプレーできる、しっかり相手の攻撃を跳ね返せる能力を持った選手を選ぶべきだ。

 アジアカップでのパフォーマンスを見た時、合格点を与えられるのは、毎熊くらいだろう。攻撃的な選手だが、守備の意識が高い。アジアカップでの経験を活かして、さらに成長してくれれば、もっと安定したプレーを発揮できる。伊藤はスピードがあるがまだまだ守備意識が甘いし、中山は周りを活かすプレーができていない...。

 タレント力だけを見れば、アジアの中で日本はトップレベルだ。しかし本当にワールドカップ優勝を目ざすならば、欧州の第一線でプレーする冨安健洋、板倉、遠藤航に続く選手が出てこないと厳しい。

 イラン戦での板倉は、体調不良なのかミスを繰り返したが、この3人は日常的に欧州リーグの厳しい環境でプレーしているから守備意識が高い。守備意識とは、危機察知能力とも言い換えられる。失点につながるプレー回避や、その判断が的確だ。「危ない!」と思える判断が早い。菅原は守備においてそれができていない。

 現状、私が監督なら、右サイドバックは酒井宏樹の代表復帰を依頼し、左サイドバックは旗手怜央を一番手に起用する。
 
 旗手はスタミナが豊富で守備意識が高い。気の利いたプレーができるからどんな選手とも合わせられる。今の日本代表の左サイドには三笘薫、守田、谷口など、かつての川崎フロンターレのチームメイトが多いのもメリットだ。

 それにしても、酒井はなぜ選ばれないのかが不思議だ。現在彼は33歳。次のワールドカップを迎える時は35歳。まだまだ戦える。チーム内の競争を活性化させるためにも、世代交代はもちろん必要だ。しかし、日本代表というチームは文字どおり日本を代表するベストな選手が選ばれるべきだ。若手もベテランも関係ない。酒井以上にサイドバックで欧州のキャリアを持つ選手はほぼいない。

 今回のアジアカップで、日本は4強にさえ進めなかった。イランには気力、体力、パワーで負けた。「陣地挽回」すらできなかった。

 この敗戦で得た教訓は、原点に立ち戻ることだ。日本の技術的レベルは抜けているが、それだけでは勝てない。ワールドカップの出場枠は増えたとはいえ、このままアジアカップで見せた戦いのままなら、どうなるか分からない。

 チャレンジャーとして、フィジカル・パワー・スピード・メンタルの根本から鍛え直す。イランのように戦ってきても、それを上回るだけの「失点しないチーム」を作りあげていってほしい。

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「なぜ日本に1−6で惨敗したヨルダンが決勝に?」母国記者が納得の回答「この試合のおかげで韓国と...」【現地発】

【記事】「言ったなぁと思いますけど」内田篤人、イラン戦後の守田英正の発言に見解「選手の感覚とか意見はすごく大事」
 
本田泰人氏のイラン戦採点は以下のとおり。

GK
23 鈴木彩艶 |5

DF
4 板倉 滉 |5
16 毎熊晟矢 |5.5
21 伊藤洋輝 |5.5
22 冨安健洋 |6

MF
5 守田英正 |6(90+9分OUT)
(→11 細谷真大 |―)
6 遠藤 航 |6
10 堂安 律 |6(90+7分OUT)
(→18浅野拓磨 |―)
20 久保建英 |5.5(67分OUT)
(→8 南野拓実 |5.5)
25 前田大然 |5.5(67分OUT)
(→7 三笘 薫 |5.5)

FW
9 上田綺世 |5.5

監督
森保 一 |5
 
【著者プロフィール】
本田泰人(ほんだ・やすと)/1969年6月25日生まれ、福岡県出身。帝京高―本田技研―鹿島。日本代表29試合・1得点。J1通算328試合・4得点。現役時代は鹿島のキャプテンを務め、強烈なリーダーシップとハードなプレースタイルで“常勝軍団”の礎を築く。2000年の三冠など多くのタイトル獲得に貢献した。2006年の引退後は、解説者や指導者として幅広く活動中。スポーツ振興団体『FOOT FIELD JAPAN』代表。