現地時間2月10日に開催されたラ・リーガの第24節で、日本代表の久保建英が所属するレアル・ソシエダはオサスナとホームで対戦した。

 6日に行なわれた国王杯の準決勝第1レグ・マジョルカ戦に続いて、2試合連続で久保が先発したソシエダは、最初にチャンスを迎える。8分、左サイドでボールを受けたハビ・ガランの折り返しにメリーノがダイレクトで合わせるも、枠を捉えられない。

 30分には、右サイドを抜け出した久保のクロスにザハリャンが飛び込むも、決め切れず。その5分後、久保がドリブルで仕掛けてゴール前に鋭いクロスを供給。しかし味方には合わなかった。

 さらに38分には、左からのクロスをファーサイドで受けた久保が、ワントラップから強烈なボレーで狙うも、GKエレーラの好守に阻まれた。このまま前半をスコアレスで終える。
【動画】マジョルカ戦、久保が絶好機創出→同僚が涙した決定機逸
 後半に入り、ソシエダは49分に先制を許す。モンカジョラの右CKからブディミルにヘディングシュートを叩き込まれた。

 ビハインドを負ったホームチームはその2分後、左からのザハリャンの折り返しにボックス内でフリーになった久保が左足のダイレクトシュートを放つも、枠を捉えられない。

 68分には、ハビ・ガランのピンポイントクロスにまたしても久保が飛び込んだが、ミートできなかった。その後も押し込むソシエダだったが、ゴールは奪えず。0−1で敗れて、公式戦4試合勝ちなしとなった。

 次戦は、14日に行なわれるチャンピオンズリーグのラウンド16第1レグでパリ・サンジェルマンと激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「とても眠い」アジア杯帰還後即スタメンの久保建英、「時差ボケでも弾丸」とソシエダ番記者は評価。同僚FWが涙した決定機を創出【現地発】
 
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「言ったなぁと思いますけど」内田篤人、イラン戦後の守田英正の発言に見解「選手の感覚とか意見はすごく大事」