日本代表の久保建英が所属するレアル・ソシエダは現地時間2月10日、ラ・リーガの第24節でオサスナとホームで対戦。0−1で敗戦を喫した。

 この一戦に久保は、アジアカップを終えて中2日で出場した国王杯のマジョルカ戦に続き先発出場。4−3−3の右ウイングに入り、多くのチャンスを創出する。

 30分に右サイドを抜け出してファーサイドに見事なクロスを供給すれば、38分にはボックス内でワントラップから強烈なボレーを放つ。後半に入っても、味方のクロスに飛び込むなど果敢にゴールに迫ったが、得点には繋がらなかった。
【動画】マジョルカ戦、久保が絶好機創出→同僚が涙した決定機逸
 スペインメディア『El Desmarque』は採点記事で、久保にチームトップタイの「7点」を付与。以下のように寸評を添えた。
 
「彼は攻撃でチームの主役となり、ソシエダを牽引した。しかし、オサスナの標的となり、ファウルや厳しいマークを受けた」
 
 チームは敗れたものの、久保個人の評価は上々だった。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「とても眠い」アジア杯帰還後即スタメンの久保建英、「時差ボケでも弾丸」とソシエダ番記者は評価。同僚FWが涙した決定機を創出【現地発】
 
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「言ったなぁと思いますけど」内田篤人、イラン戦後の守田英正の発言に見解「選手の感覚とか意見はすごく大事」