1月12日に開幕したアジアカップ2023は、2月10日に決勝が開催され、開催国カタールの連覇で閉幕した。

 屈指のアジア通で知られるブラジル人記者、チアゴ・ボンテンポ氏はSNSで、「アジアカップの全試合を見たうえでの私の選択」と綴り、個人的なベストイレブンを紹介した。

 フォーメーションは3−5−2で、ダブルボランチの一角に、日本代表からは唯一となる遠藤航を抜擢。「日本人選手の名前を挙げるつもりはなかったが、ワタル・エンドウほどハードに戦ったMFは他に見たことがない」と説明した。

 左サイドハーフには、決勝でPKのみでハットトリックを達成するなどし、得点王&MVPに輝く大活躍を見せたアクラム・アフィフを選出。「文句なしのMVP。他の選手をはるかに凌ぐパフォーマンス」と大絶賛だ。

 そのほか、「プレーパターンのない雑然とした韓国を、(イ・ガンインの助けもあって)真の才能だけで本来いるべき場所以上に前進させた」ソン・フンミン、「ゴール前で最も決定的」で日本相手に2発を叩き込んだアイメン・フセインなどをチョイスした。
【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!
 母国の大手メディア『Globo』などに寄稿するボンテンポ記者による、アジアカップ2023ベストイレブンは以下の通り。優勝したカタールと準優勝のヨルダンから、最多の3人が入った。

GK
メシャール・バルシャム(カタール)

DF
ゾイル・ジュラバエフ(タジキスタン)
ヤザン・アル・アラブ(ヨルダン)
ルーカス・メンデス(カタール)

MF
ジャクソン・アーバイン(オーストラリア)
遠藤航(日本)
ムサ・アル・ターマリ(ヨルダン)
ソン・フンミン(韓国)
アクラム・アフィフ(カタール)

FW
ヤザン・アル・ナイマト(ヨルダン)
アイメン・フセイン(イラク)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】[本田泰人の眼]アジアレベルで8失点...W杯で優勝など夢物語だ。SBの人選は見直すべき。私が監督なら右は酒井宏樹だ【アジア杯】

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「選手を並べているだけ」韓国人記者が糾弾したクリンスマン監督の“放任采配”「韓国式の指導も必要」【現地発】