現地時間2月11日に開催されたスコティッシュカップ5回戦で、日本人5選手を擁するセルティックは、セント・ミレンと敵地で対戦。2−0で完勝した。

 この試合に古橋亨梧と前田大然が先発。15分に古橋が先制ゴールを決めると、53分に前田が追加点をゲット。日本人2人の活躍で、チームは準々決勝へ進出した。
【動画】古橋の鮮烈弾!前田も続く
 地元メディア『Glasgow live』は採点記事で、先制弾の古橋にチームトップタイの「7点」をつけ、こう称賛した。

「先発に復帰したストライカーは、狙い定めたシュートでチャンスをモノにした。チームで躍動していた」

 一方で2点目を奪った前田には「6点」を付与。「前半はあまりチャンスを活かせなかったが...」と前置きしつつ、次のように称えた。

「2点目の場面では、適切なタイミングで適切なポジションを取っていた。勝利に貢献した1人だ」

 セルティックは3月9日に準々決勝でリビングストンと激突する。サムライたちのさらなる活躍に期待だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「キョウゴには目を見張った」「非常に上手い」鮮烈フィニッシュで今季12点目! セルティック指揮官が古橋亨梧に感嘆
 
【記事】無言のヨルダン戦士に拍手の後...取材エリアに怒号が飛び交った驚きの理由「カタールの選手は全員、ここには来ません」【現地発】

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!