話題を集めている韓国代表の内紛。同国メディアが真相を探っている。

 アジアカップで韓国は準決勝のヨルダン戦で0−2の敗戦。英紙『The Sun』によれば、試合前夜に主将のソン・フンミンが指を負傷していたという。「夕食の席で口論になった」と伝えている。

「若手メンバーの何人かは卓球を楽しむために夕食をさっさと済ませた。しかし、キャプテンであるスター選手のソンは、食事がチームの絆を深めるケースが多いなか、早退に不満を抱いていた。パリ・サンジェルマン所属のイ・ガンインも、ソンが問題視した若手のひとりだった。言葉の応酬の後に口論となり、トッテナムのエースは指を脱臼したのだ」

 実際、ソン・フンミンはヨルダン戦と、トッテナム復帰戦となったブライトン戦でも右手の指2本をテーピングで固めて出場している。

 夕食の席でいったい何があったのか。韓国メディア『イデイリー』は「大韓サッカー協会も、件の報道にあったようなことを認めている。様々なルートで具体的な状況が明らかになっている。単純な諍いではなく、殴り合いまであったことが確認された」とし、次のように報じている。

「連合ニュースなど複数の報道によると、イ・ガンインとソル・ヨンウ、チョン・ウヨンなど代表チームの若手たちが、夕食を早く終えた後、卓球をしに行った。他の選手たちが食事をしている時に、イ・ガンインなどが大声で卓球に興じていたので、『これはダメだ』と思ったソン・フンミンが制止に乗り出した。

 しかし、若い選手たちが言うことを聞かないので、他の先輩選手が苦言を呈すと、イ・ガンインがこれに反発。激怒したソン・フンミンに対し、イ・ガンインが拳を振り回した。幸い、ソン・フンミンは拳を避けたが、その後も争いは収まらず、他の選手たちが二人を離す過程で、ソン・フンミンが指を負傷した」
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!
 これを受け、何人かの選手がユルゲン・クリンスマン監督に、イ・ガンインをヨルダン戦から外すように進言したようだが、これは受け入れられなかったという。

 また『OSEN』は、ヨルダン戦後の「非難するなら私を非難してほしい」というイ・ガンインのコメントに注目。記事では「代表チームが分裂したという内幕が知られた後、イ・ガンインの発言が新たに解釈されている。ソン・フンミンとの葛藤を暗示したのではないかという話が出ている」と記している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】韓国代表の内紛が発覚!主将ソン・フンミン、アジア杯敗退前夜にイ・ガンインら若手と口論の末に怪我…火種は夕食早退→卓球

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!

【記事】「選手を並べているだけ」韓国人記者が糾弾したクリンスマン監督の“放任采配”「韓国式の指導も必要」【現地発】