現地時間2月14日にチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16第1レグが開催され、鎌田大地が所属するラツィオは、4日前にレバークーゼンとのブンデスリーガ首位攻防戦を0−3で落としたバイエルン・ミュンヘンとホームで対戦した。

 鎌田は直近のカリアリ戦で78分から途中出場。公式戦6試合ぶりにピッチに立ち、インパクトを残したものの、引き続きベンチスタートとなった。

 ラツォオは開始7分、ミュラーの折り返しからケインにボレーシュートを浴びるが、枠を外れて難を逃れる。

 22分にはルイス・アルベルトがペナルティエリア手前で右足を一閃。しかし、惜しくもクロスバーの上を越える。

 以降もカウンターからチャンスを作るも、前半のうちに先制点は奪えず。スコアレスで後半に入ると、48分に高い位置からの守備がハマり、イサクセンがペナルティエリア内でシュートを放つが、GKノイアーに阻まれて決定機を逃す。
【動画】6試合ぶり出場、鎌田大地のチャンス創出をプレイバック
 迎えた69分、カウンターアタックから、イサクセンがウパメカノにペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。インモービレがノイアーの逆をつくキックで成功させ、ついにスコアを動かす。なお、足を踏みつけたウパメカノは一発退場となった。

 81分には10番のL・アルベルトを下げ、鎌田を送り込む。その鎌田は86分、壁の1人としてケインがFKから放ったシュートを、ヘッドで防ぐ。その後もゴール前でチャンスに絡む。

 結局、このまま1−0でタイムアップ。イタリアの雄が、6度のCL制覇を誇るドイツ屈指の強豪に先勝した。一方、バイエルンは今シーズン初の連敗となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】ハイプレスに苦しみ自陣に封じ込められた日本。ドイツ戦で成功体験を得た、最も主たる鎌田大地はイラン戦にはいなかった【アジア杯】
 
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「カマダは本当に役に立たないのか」鎌田大地の5戦連続出番なしを伊大手紙が疑問視「危機にあるラツィオで出場機会を得られていない」