現地時間2月14日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16第1レグで、久保建英が所属するレアル・ソシエダがパリ・サンジェルマンと敵地で対戦した。

 アジアカップから帰還後、3試合連続で先発に名を連ねた久保は4−3−3の右ウイングでプレー。その日本代表MFとマジョルカ時代に共闘した親友のイ・ガンインは体調不良でメンバー外となり、注目の日韓対決は実現しなかった。

 ソシエダは開始1分、CFアンドレ・シルバがいきなりシュートを放つも、ゴール右に外れる。

 6分、カウンターからパリSGのエースであるエムバペにシュートを浴びるも、GKレミロが好セーブで防ぐ。

 18分には久保が右サイドから持ち込み、切り返しから左足でニアサイドにシュートを放つが、ゴール右に外す。22分にも、DFをかわして右サイドから正確なクロスを送り込むも、A・シルバのヘッドは惜しくも枠を捉えられない。

 その後も右足のクロスを供給するなど、久保がチャンスを構築したソシエダは45分、MFメリーノがミドルシュートを放つもクロスバーに嫌われ、スコアレスで試合を折り返す。
【動画】スーツ姿でスタジアム入りする久保
 後半に入って55分、右SBのトラオレが自陣でボールロスト。バルコラに持ち込まれるも、レミロがブロックして阻む。

 しかし58分、CKからマルキーニョスがフリックしたボールをファーサイドにいたエムバペに押し込まれて先制を許す。

 これで勢いに乗ったホームチームに押し込まれると、その5分後にも、エムバペに強烈なシュートを浴びたが、レミロは触った後にクロスバーに当たり、難を逃れる。

 それでも70分、トラオレをあっさりかわしたバルコラにレミロの股を抜くシュートを流し込まれ、追加点を奪われる。

 フル出場した久保が後半は抑え込まれたソシエダは、このまま0−2で敗北。現地3月5日にホームで開催される第2レグで逆転するには3点が必要となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「クボを追うのは難しくなった」「痛手」久保建英の契約延長にリバプールの専門メディアが悲観「サラーの代役となるはずだった」
 
【記事】「クボを追うマンUに大打撃」久保建英の契約延長に英国も騒然!「移籍の可能性が完全になくなったわけではないが...」

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!