指導者としての2年目がスタートした。横浜FCでコーチを務める中村俊輔は、シーズン開幕に向け準備を進めるチームで、用具を整えたり、人数合わせでロンドのグループに入ったり、パターン練習の球出しなどで汗を流す。去年と変わらぬ姿だ。

「ヨモさん(四方田修平監督)のもとで2年目、選手時代を入れたら3年目。選手もやっているし、コーチの1年目もやらせてもらっている。指導者としてより信頼されるようにしたい」

 今年はS級コーチ養成講習会でチームを離れる時期が増える。「クラブに対して、もちろん選手やスタッフに対しても、申し訳ない気持ちがある」と明かし、「そのぶん、いる時に、しっかりやらなきゃなっていうのはある」と意気込む。

 指導者としてまだ手探りだった去年との違いがあるとすれば、1つは選手との距離感か。

「あれ良かったよ、とか。続けてみたら、とか。あの時にもっとああしてみれば、とか。逆にこっちから質問して、聞いてみたり。そういう回数は増えているかな。どんどん話しかけたり。もちろんタイミングとかによるけど」
【PHOTO】中田英寿の姿も! 中澤佑二や中村憲剛、長友佑都、松井大輔...中村俊輔の引退試合に集結した豪華メンバーを特集!(part2)
 一方で、行き詰まる選手から「どうですかね?」とアドバイスを求められるケースもあるという。かつて日本代表の10番を背負い、欧州の舞台でも活躍し、Jリーグで二度、MVPに輝いた先達の助言は、貴重な財産になるはずだ。

 向上を目ざす後進たちのためにも、指導者として「よりレベルアップするようにしたい」と俊輔は表情を引き締めた。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】アジア全体のレベルは上がった? 中村俊輔は「分からないな」。自身は連覇を経験「俺らの時だってギリギリで勝った」

【記事】本田圭佑が“任意”を提言する指導者ライセンス。中村俊輔の考えは?「僕は勉強したい。必要だと思う」

【記事】「俺は月。シンジは太陽」中村俊輔が認めた小野伸二「イマジネーションとか想像性は上だった」