復帰はなくなったと悲嘆している。

 レアル・ソシエダの久保建英は2月12日、2029年までの契約延長にサインした。

 様々なビッグクラブが獲得に関心を持っていたなか、とりわけ取り沙汰されていたのが、2019年夏から3年間契約を結んでいたレアル・マドリーへの復帰だった。

 ただ、この契約更新により、その可能性はなくなったと見られているようだ。マドリーの専門メディア『Planeta Realmadrid』は「彼はレアル・マドリーに別れを告げる。最後の別れ、もう選択肢はない」と伝えている。

「彼はリーガで最も決定的な選手の一人であり、ヨーロッパ全土を魅了する偉大なプレーヤーであるのは今では事実だ。日本人には(マドリーの本拠地であるサンティアゴ・)ベルナベウに戻るという選択肢もあったが、ますます困難になった」

【動画】「僕のミス」久保が謝罪したエムバペの先制点
 同メディアは「ソシエダが昨年の10月にヤスダビジネスグループと結んだ3年間のスポンサー契約の成功に支えられて、日本とのつながりは史上最高となった」という『MARCA』紙の記述を紹介。こう続けている。

「日本中の狂気が増大するのは明らかだ。ソシエダが欧州サッカー界で最高峰の大会(チャンピオンズリーグ)に出場しているという事実は、日本にとってもショーケースであり、この機会を逃したくない。ソシエダにおけるクボの価値は今後も高まるだろう」

「契約延長」イコール「残留」を意味するわけではないものの、近い将来に白いユニホームを着る可能性は消滅したと言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「本当に理解できない」久保建英が謝罪した“失点関与”をスペイン大手紙が糾弾「どうして日本人はこんなことになってしまったのか」
 
【記事】「僕のミス」「罪悪感を感じる」久保建英、マークを外したエムバペに奪われた先制点を謝罪「彼は速いので、すでに2M離れていた」

【記事】「前半はPSG守備陣にとって悪夢」パリ相手に奮闘した久保建英、スペインメディアは“7点”の高評価!「日本人は攻撃で非常に鋭かった」