リバプールは遠藤航が12月から大きく飛躍し、アジアカップ出場による離脱から復帰後も、アンカーとして高く評価されている。

 一方で、負傷離脱するまでアンカーのレギュラーを務めたアレクシス・マカリステルは、遠藤が離脱している間に再び存在感を示した。

 当然、遠藤とマカリステルのポジション争いは注目を集めている。遠藤の復帰後最初の試合となったプレミアリーグ前節バーンリー戦では、遠藤がアンカーを務め、マカリステルはインサイドハーフとして先発出場。だが、マカリステルはアンカーのほうが良いとの声も寄せられた。

 ユルゲン・クロップ監督は、17日のブレントフォード戦で、中盤をどのような構成にするのだろうか。

【動画】遠藤航がバーンリー戦で披露した正確無比なロングパス!
 リバプール専門サイト『This Is Anfield』は、「エンドウは先週良かった。ポジションを保つのにふさわしい」と、中盤に関して前節と同じ布陣を予想している。

「それにより、マカリステルは自分が好む8番で続けることができる」

 一方で、『FootballFanCast』は、「先週は先発出場でデュエル9回勝利・タックル4回を記録した。だから、再び先発出場すべきだ」とやはり遠藤先発を進言。ただ、インサイドハーフはカーティス・ジョーンズに加え、マカリステルではなくハービー・エリオットと予想した。

「今季のマカリステルはほとんど外すことができない存在だったが、中盤の底におけるエンドウの勤勉さは起用する価値があるかもしれない。そして先週エリオットが途中出場した際のインパクトを考えれば、スタメンの座にふさわしいのは確かだ」

 クロップはどのような中盤でブレントフォード戦に臨むのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「冨安も遠藤も優等生すぎる」「怒る人はいないの?」海外記者が指摘した“日韓の違い”。「韓国にはクレイジーな選手がいる」【現地発】
 
【記事】「別の選手かのような変貌を遂げた」リバプール遠藤航、後半のパフォーマンスを専門メディアが称賛!「圧力を上げ続けるのを可能にさせた」

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!