現地時間2月17日に開催されたスコットランドリーグ第25節で、日本人5選手を擁するセルティックは、キルマーノックとホームで対戦した。

 前田大然が4ー2ー3ー1の右サイドハーフ、古橋亨梧がトップ下で先発し、岩田智輝がベンチスタート。アジアカップで負傷した旗手怜央、小林友希はベンチ外となった。

 リーグ戦連勝を目ざすホームチームは10分、細かいパスワークからパルマがボックス内に侵入するも、相手GKにブロックされる。

 さらに17分、左サイドから古橋のクロスに前田が反応したが、合わせられない。

 その後も攻勢を続けて迎えた32分、右サイドのラルストンのクロスから古橋が豪快なヘディングシュートでネットを揺らす。エースの一撃でセルティックが先制し、1−0で前半を終える。

【動画】華麗なワンツーから奪った古橋のCL2戦連発弾!
 追加点が欲しいセルティックは53分、ペナルティエリア内に侵入したオライリーがシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれる。

 66分にピンチを迎えると、FKからドネリーに頭で合わせられるも、GKハートの好セーブで事なきを得る。

 81分にはベルナルドがワントラップから右足を振り抜くものの、ゴール上に外れてしまう。

 その後も猛攻を仕掛けたセルティックだが、追加点を奪えないまま突入した後半アディショナルタイム、キルマーノックのワトソンにヘディングシュートを叩き込まれて被弾。1−1のドローで終了した。

 なお、前田は68分、古橋は80分までプレーし、岩田の出番はなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「人生で最も大変な一週間だった」卓球騒動で脱臼の韓国主将ソン・フンミン、アジア杯帰還後の“感情”を告白「この瞬間を死ぬまで忘れない」
 
【記事】久保建英の市場価値が驚異の93億円に急増、日本人歴代単独トップに!TOP10の顔ぶれは? 海外メディアも驚嘆「彼のテクニックは信じられない」「CLでも素晴らしい」 

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!