現地時間2月17日に開催されたスコットランドリーグ第25節で、日本人5選手を擁するセルティックは、キルマーノックとホームで対戦。1−1のドローに終わった。

 この試合で先制ゴールを奪ったのが4−2−3−1のトップ下で先発した古橋亨梧だ。32分、右サイドからアンソニー・ラルストンが送り込んだクロスをヘッドで合わせ、ゴールネットを揺らしてみせた。

 エースの今季リーグ戦9ゴール目を地元紙『Daily Record』は、次のように称えている。

「ラルストンからの素晴らしいボールが、フリーでスペースに抜け出したキョウゴの元に送られた。彼がネットに流し込んだ美しいヘディングシュートは教科書のような得点で、ホームのファンを歓喜させた」

【動画】華麗なワンツーから奪った古橋のCL2戦連発弾!
 同紙は、約1か月ぶりのゴールを決めた11日のセント・ミレン戦に続いてトップ下で起用され、2試合連発となった古橋について「キョウゴールが戻ってきた」と賛辞を続けている。

「試合を通じて、何度も深いエリアに入り込み、良いタイミングで動き出した。アダム・アイダと縦のコンビを組んだ2試合で2ゴールを挙げた。さらなる改善も期待できそうだ」

 ここからゴール量産となるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「人生で最も大変な一週間だった」卓球騒動で脱臼の韓国主将ソン・フンミン、アジア杯帰還後の“感情”を告白「この瞬間を死ぬまで忘れない」
 
【記事】久保建英の市場価値が驚異の93億円に急増、日本人歴代単独トップに!TOP10の顔ぶれは? 海外メディアも驚嘆「彼のテクニックは信じられない」「CLでも素晴らしい」 

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!