現地時間2月18日に開催されたセリエAの第25節で、鎌田大地が所属するラツィオはホームでボローニャと対戦。1−2で逆転負けを喫した。

 この一戦に鎌田は77分から途中出場。強引にシュートに持ち込むなど積極的なプレーを見せたが、得点には繋がらなかった。
【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地観戦する選手たちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 ラツィオ専門メディア『cittaceleste』は、そんな鎌田に採点記事で及第点以下の「5点」を与えて、「数分間プレーしたが、インパクトはなかった」と厳しい評価をした。

 また『La Lazio Siamo Noi』も、「15分間のプレーで、ボールタッチはわずか2、3回だった」と伝えている。

 公式戦3試合連続で、終盤のみの出場に留まっている鎌田。まずはプレータイムを増やしたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!

【記事】「最悪の評価」内紛で批判を浴びる韓国代表イ・ガンイン、パリSG復帰初戦で現地酷評。まさかの“4点”に母国メディア「卓球事件の余波」

【記事】「育ち悪すぎだろ」内田篤人も驚いた鎌田大地の“素顔”「もっと真面目なのかと思った」