現地時間2月18日に開催されたラ・リーガの第25節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダがマジョルカと敵地で対戦した。

 かつて計2シーズンに渡って在籍した古巣との一戦で、久保はいつも通り4−3−3の右ウイングで先発した。

 公式戦5試合連続で無得点のソシエダは開始4分、サンチェスにペナルティエリアの外からネットを揺らされ、先制を許す。

 いきなりビハインドを負ったソシエダは12分、左サイドからクロスを受けた久保がボックス内でキープし、ラストパス。スビメンディが狙うも、GKライコビッチに阻まれる。

 なかなかいい形が作り出せないソシエダは38分、カウンターから右サイドでボールを受けた久保がドリブルで持ち込んで左足を一振り。DFが出した足の下を抜ける鋭いシュートでネットを揺らしてみせた。

 これがチームにとって6試合ぶりの得点。公式戦7試合ぶり、リーガでは5試合ぶりの今季7点目を決めた日本代表MFは、古巣に敬意を示し、セレブレーションを封印した。
【動画】ドリブルから左足を一閃!久保が古巣から決めた鮮烈弾!ゴール後は喜ばず
 さらに、後半アディショナルタイムには、相手CBライージョが主審への抗議と拍手をした行為で、立て続けにイエローカードを受けて退場。数的優位となる。

 それでも、マジョルカの守備に手を焼くアウェーチームは67分、バレネチェアが左サイドから狙うも枠を外れる。

 83分には、久保が自ら得たFKを蹴るも、アンドレ・シウバには惜しくも合わない。その4分後には、バレネチェアが狙うもこれもライコビッチのファインセーブに阻まれた。

 このまま1−1のドローで終了するかに思われた後半アディショナルタイム3分、左サイドからパチェコが挙げてクロスにメリーノがヘッドで合わせて勝ち越し弾。ソシエダが2−1で劇的勝利を飾った。

 なおフル出場の久保は、この試合のMVPに輝いている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】決めないとやばいな」13試合ぶり弾の久保建英が試合後に明かした“本音”「批判だったり、落ち着くと思うんで」
 
【記事】「紛れもない失敗」久保建英を放出したマドリーをスペインメディアが糾弾!「リーグで最も魅力的な選手の一人となった」

【記事】言っていいか分からないですけど...」久保建英が森保ジャパンのコーチになって欲しかった元代表戦士は? 本人は「危ない、危ない。書かれるやつだ」