現地時間2月18日に開催されたラ・リーガの第25節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダがマジョルカと敵地で対戦。1−1で迎えた後半アディショナルタイム3分にミケル・メリーノがヘッドで決勝弾を叩き込み、2−1で勝利を飾った。

 かつて計2シーズン在籍した古巣との一戦で、貴重な同点ゴールを叩き込んだのが、4−3−3の右ウイングで先発した久保だった。

 4分に1点を先制されて迎えた38分、カウンターから右サイドでボールを受けると、ドリブルでペナルティエリア内に持ち込んで左足を一閃。DFが出した足の下を抜けて、GKも止めらなかった鋭いシュートをネットに突き刺してみせた。

【動画】ドリブルから左足を一閃!古巣戦で決めた久保の鮮烈弾!ゴール後は喜ばず
 これがチームにとって6試合ぶり、日本代表MFにとっては、公式戦7試合ぶり、リーガでは5試合ぶりの今季7点目となった。

 この一戦のMVPに輝いた久保を現地メディアも称賛。「攻撃面ではソシエダで最も危険だった」と評したスペインメディア『El Desmarque』のギプスコア版は、チーム最高タイの7点をつけ、こう称えている。

「ゲームに入るのは難しかったが、ソシエダがわずかに攻撃を繰り出すと、すぐに本領を発揮した。同点ゴールは彼のものだった。素早いシュートで驚かせた」

 5試合無得点だったチームに久々のゴールをもたらしたのは、やはり14番だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】決めないとやばいな」13試合ぶり弾の久保建英が試合後に明かした“本音”「批判だったり、落ち着くと思うんで」
 
【記事】「紛れもない失敗」久保建英を放出したマドリーをスペインメディアが糾弾!「リーグで最も魅力的な選手の一人となった」

【記事】言っていいか分からないですけど...」久保建英が森保ジャパンのコーチになって欲しかった元代表戦士は? 本人は「危ない、危ない。書かれるやつだ」