久保建英が所属するレアル・ソシエダは現地2月18日に開催されたラ・リーガの第25節で、マジョルカとアウェーで対戦。後半アディショナルタイム3分にミケル・メリーノが劇的なヘッド弾を突き刺し、2−1で勝利を飾った。

 この試合で貴重な同点ゴールを決めたのが、2019−20と21−22シーズン、2年間に渡ってマジョルカでプレーした久保だった。

 開始4分に1点を先制されて迎えた38分、カウンターでボールを受けると、右サイドをからドリブルで持ち込み、左足のシュート。GKが止められない鋭い一撃で、ネットを揺らしてみせた。
【動画】ドリブルから左足を一閃!古巣戦で決めた久保の鮮烈弾!ゴール後は喜ばず
『infobae』によれば、ゴール後も喜ばず、謝るようなポーズを取ったレフティは、試合後のフラッシュインタビューで、「敬意を表して」ゴールを祝わなかったと説明した。

「スペインに来て以来、ここは最高の場所でした。僕はマジョルカとそのファンに対して、たくさんの敬意と愛情を持っています」

 日本代表MFは、ファンからの愛情に気づいたと認めたつつも、「ブーイングも聞こえた」とコメントしている。

 マジョルカのファンは、久保の偉大さを改めて感じたはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「素早いシュートで驚かせた」MVPに選出!古巣から鮮烈弾の久保建英に現地メディアがチーム最高評価!「攻撃面で最も危険だった」 
 
【記事】決めないとやばいな」13試合ぶり弾の久保建英が試合後に明かした“本音”「批判だったり、落ち着くと思うんで」

【記事】言っていいか分からないですけど...」久保建英が森保ジャパンのコーチになって欲しかった元代表戦士は? 本人は「危ない、危ない。書かれるやつだ」