三笘薫が所属するブライトンは現地2月18日に開催されたプレミアリーグの第25節で、シェフィールド・ユナイテッドと敵地で対戦。5−0の圧勝を飾っている。

 左サイドハーフで先発した三笘は11分、相手DFメイソン・ホルゲイトの激しいタックルを左膝に受けて倒れ込む。幸い大事に至らなかったものの、危険なチャージを仕掛けたホルゲイトにはレッドカードが出された。

 ヒヤリとさせたが、日本代表MFはその後も躍動。24分には際どいシュートで2点目に関与し、75分には左サイドからの好クロスで3点目となるオウンゴールを誘発してみせた。
【動画】「あたまおかしい」「ホンマにキレそう」ファンが憤慨した三笘への悪質タックル
 ブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督は試合後、アジアカップから戻ってきて2試合目の三笘と、コートジボワール代表の一員としてアフリカ・ネーションズカップを制して帰還し、この試合で2ゴールを挙げたシモン・アディングラを称賛した。英公共放送『BBC』が伝えている。

「アディングラとミトマの活躍を嬉しく思う。二人がとても恋しかった。我々は生粋のウインガーなしでプレーしていたんだ。だから、すべての選手が出場できるのをとても嬉しく思う」

 また、三笘へのタックルについては、「まだ状況を見ていない」と話し、「レッドカードについては話したくない。信じたくないし、同意できない」と述べるに留めた。

 両ウイングが帰還したブライトンはここから上位に食い込めるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「ふざけんな」「悪質すぎ」三笘薫への危険タックルにファン怒り!敵DFは一発レッド「やばすぎるだろ。怪我したらどうするんや」

 
【記事】バルサ関心の三笘薫、ファティとのトレード案にブライトン専門メディアが見解「バルセロナにとっては魅力的」「最大の障壁は...」

【記事】バルサは“日本に2敗”のフリックが新監督就任なら三笘獲得は見送りか。ターゲットをバイエルンの愛弟子に変更と現地報道!「予想外の2選手」