三笘薫への悪質なタックルを痛烈に批判した。

 現地2月18日に開催されたプレミアリーグの第25節で、三笘薫が所属するブライトンはシェフィールド・ユナイテッドと敵地で対戦。5−0で大勝を収めた。

 左サイドハーフで先発した三笘は11分、左膝に敵DFメイソン・ホルゲイトの激しいタックルを受ける。倒れ込んで苦痛に顔を歪めたが、幸い大事に至らず、その後もプレーを続行。2点に絡むなど、ハイパフォーマンを披露している。

 厳しい声に晒されているのがレッドカードを受けたホルゲイトだ。『Mirror』紙によれば、リバプールやトッテナムなどでプレーした元イングランド代表MFのジェイミー・レドナップ氏は、「これは暴行だ。ここ数年見た中で最悪のタックルの一つだ」と糾弾した。

【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険なタックル
「私の時代でも、スキャンダラスなタックルだっただろう。一体どうやってミトマは左足を逃がすことができたんだ。全く分からない。ありがたいことに、彼はそうしてくれている。そうでなければキャリアは終わりだ。彼のキャリアは終わっていただろう」

 レドナップ氏は「彼が何を考えているかは分からないが、チームに犠牲を与えた」と続けた。

 氏が言うように、その後もプレーを継続できたのは奇跡的だったかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「ふざけんな」「悪質すぎ」三笘薫への危険タックルにファン怒り!敵DFは一発レッド「やばすぎるだろ。怪我したらどうするんや」
 
【記事】バルサ関心の三笘薫、ファティとのトレード案にブライトン専門メディアが見解「バルセロナにとっては魅力的」「最大の障壁は...」

【記事】バルサは“日本に2敗”のフリックが新監督就任なら三笘獲得は見送りか。ターゲットをバイエルンの愛弟子に変更と現地報道!「予想外の2選手」