久保建英を擁するレアル・ソシエダは2月18日に開催されたラ・リーガの第25節で、マジョルカと敵地で対戦。1−1で迎えた後半アディショナルタイム3分にミケル・メリーノがヘッドで決勝点を挙げ、2−1で劇的勝利を収めている。

 かつて2シーズン在籍した古巣との一戦で、フル出場の久保は躍動。4分に先制されて迎えた38分には、ドリブルで持ち込み、強烈なショットで同点ゴールを奪ってみせた。

 日本代表MFの今季7点目は、5試合連続無得点だったソシエダにとって、実に512分ぶりのゴールだった。
【動画】ドリブルから左足を一閃!古巣戦で決めた久保の鮮烈弾!ゴール後は喜ばず
 ソシエダの地元紙『Noticias de Gipuzkoa』は、久保をマン・オブ・ザ・マッチに選出。チーム最高点の7点を与え、こう称えている。

「ゴールの干ばつを打破するのは彼でなければならなかった。チームで最も破壊的な選手が復帰したにもかかわらず、(ここまで)ゴールが生まれなったのが印象的だった」

 同紙は「彼は自ら生み出した良いオプションを持っており、最初のアクションでスビメンディをお膳立てし、美しいプレーを見せ、凄まじいゴールを決めた」と賛辞を続けた。

 不名誉な記録をストップしたのは、はやりタケだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】久保建英はなぜゴールを喜ばなかったのか。試合後に語った古巣マジョルカへの“思い”「スペインに来てから、ここは最高の場所だった」
 
【記事】「素早いシュートで驚かせた」MVPに選出!古巣から鮮烈弾の久保建英に現地メディアがチーム最高評価!「攻撃面で最も危険だった」 

【記事】決めないとやばいな」13試合ぶり弾の久保建英が試合後に明かした“本音”「批判だったり、落ち着くと思うんで」