サークル・ブルージュは現地2月18日に開催されたベルギーリーグの第26節でクラブ・ブルージュと対戦。1−1のドローで終わった。

 この一戦に先発したサークル・ブルージュFWアラン・ミンダが、衝撃的な先制点を奪った。59分、相手のCKから自陣ペナルティエリアでボールを拾うと、そのままドリブルを開始。敵DF3人を翻弄して相手陣内に侵入すると、ペナルティエリア手前から左足を振り抜き、ネットを揺らした。
【動画】自陣PAからミンダが巧みなドリブルでスーパーゴール!
 20歳の若きストライカーによる超絶ゴラッソに、SNS上では「えぐすぎる」「これやっば!」「実際に見たらやっぱり凄い」「凄過ぎる」「何人抜いたんだ?」「とんでもないゴールだ」「これでキーパーにアシストはありがたすぎる」などの声が上がった。

 長い距離を巧みなドリブルで持ち上がり、見事な“1人カウンター”を完結させた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「ここ数年で最悪」「暴行だ」三笘薫の左膝に直撃した悪質タックルを元英代表MFが痛烈批判「彼のキャリアは終わっていたかもしれない」
 
【記事】久保建英はなぜゴールを喜ばなかったのか。試合後に語った古巣マジョルカへの“思い”「スペインに来てから、ここは最高の場所だった」

【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!