三笘薫を擁するブライトンは現地2月18日に開催されたプレミアリーグの第25節で、シェフィールド・ユナイテッドとアウェーで対戦。5−0の大勝を収めた。

 左サイドハーフで先発した三笘は11分、レッドカードとなった相手DFメイソン・ホルゲイトの危険なタックルを左膝に受けて倒れ込んだものの、その後もプレーを継続した。

 切れ味鋭い突破を披露しただけでなく、24分にボレーシュートで2点目に関与。75分には、左サイドからの鋭いクロスで3点目となるオウンゴールを誘発している。
【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険なタックル
 現地メディアの評価も上々だ。『VAVEL』はチーム最高タイの9点を与え、「まさにこの試合のキーマンであり、(対峙した敵ウイングバックの)ジェイデン・ボーグルを一日中ボコボコにした」と絶賛している。

「アジアカップから戻ってきたミトマは、日本代表のグループステージの試合に出場しなかった恩恵を受け、左サイドで絶好調だった。相手のバックラインを間延びさせ、いくつかのチャンスで背後に飛び出した。スタット・パディング以上のプレーだったので、得点やアシストをマークできなかったのは不運だった」

 悪質なタックルを受けながらも、キレキレのプレーを見せた三笘の姿に、ファンや関係者は安堵しただろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「レッドではない」英国中を震撼させた三笘薫への危険タックル、相手主将がまさかの“逆切れ”「退場で試合が台無しに」「正当だった」
 
【記事】「ここ数年で最悪」「暴行だ」三笘薫の左膝に直撃した悪質タックルを元英代表MFが痛烈批判「彼のキャリアは終わっていたかもしれない」

【記事】「ふざけんな」「悪質すぎ」三笘薫への危険タックルにファン怒り!敵DFは一発レッド「やばすぎるだろ。怪我したらどうするんや」