ロベルト・デ・ゼルビ監督が、ここ数試合のモヤモヤを吹き飛ばす大勝に手応えを示した。英紙『Daily Mail』が伝えている。

 2月18日に開催されたプレミアリーグ第25節で、ブライトンはシェフィールド・ユナイテッドと敵地で対戦。直近のリーグ戦5試合でわずか1勝に留まっていたなか、この日は5−0で最下位に沈む昇格組を一蹴した。一方、シェフィールド・Uは、FAカップでのブライトン戦からホーム3戦連続で5失点となった。

 会心の勝利に大きく貢献したのが、大陸選手権を終えて戻ってきた日本代表の三笘薫と、コートジボワール代表のシモン・アディングラだ。前者はレッドカード&オウンゴール誘発に加え、ボレーシュートで2点目を演出し、後者は勝負を決める2ゴールを奪った。
【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険なタックル
 デ・ゼルビ監督は「アディングラとミトマの活躍を嬉しく思う。2人がとても恋しかった。我々は生粋のウインガーなしでプレーしていたんだ。全ての選手が出場できるのをとても嬉しく思う」と賛辞を寄せると、さらにこう語った。

「この試合では、ウイングでの1対1で彼らがいなければ、非常に大きな問題になっていただろう」

 また、シェフィールド・Uのクリス・ワイルダー監督も「ブライトンのプレーぶりやボールさばきには感服している。選手たちは決してボールを失わなかった」と口に。敵ながらあっぱれといった様子だ。

 ド派手なゴールショーで、大半の相手サポーターを試合終了前に帰らせたブライトンは、9位から7位に浮上。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位、アストン・ビラとは勝点11差とまだ開きがあるが、ここから勝点3を積み重ね、終盤にかけてプレミアリーグをより盛り上げられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「レッドではない」英国中を震撼させた三笘薫への危険タックル、相手主将がまさかの“逆切れ”「退場で試合が台無しに」「正当だった」
 
【記事】「ここ数年で最悪」「暴行だ」三笘薫の左膝に直撃した悪質タックルを元英代表MFが痛烈批判「彼のキャリアは終わっていたかもしれない」

【記事】「ふざけんな」「悪質すぎ」三笘薫への危険タックルにファン怒り!敵DFは一発レッド「やばすぎるだろ。怪我したらどうするんや」