少なくない批判が寄せられるのも不思議ではない。

 2月18日に行われたプレミアリーグ第25節、シェフィールド・ユナイテッド対ブライトンの一戦では、三笘薫に対するメイソン・ホルゲイトのタックルが大きな注目を集めた。

 ホルゲイトは前半11分、左サイドを突破しようとしていた三笘にタックルを仕掛けると、右足で左ひざあたりを直撃してしまう。当初はイエローカードを出した主審も、VAR介入の末にレッドカードに判定を変更。シェフィールド・ユナイテッドは早い時間に数的不利へと陥った。

 幸いにも三笘はプレーを続行。ゴールにも絡み、5−0というブライトンの快勝に貢献した。だが、ひとつ間違えれば重傷になっていたかもしれないタックルだ。それだけに、ジェイミー・レドナップ氏は「暴行」「スキャンダラス」「近年最悪のタックルのひとつ」と、強く批判している。
【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険なタックル
 地元紙『The Argus』によると、元イングランド代表FWのアラン・シアラーも、英公共放送『BBC』で「ひどいタックルだった」と、ホルゲイトに厳しい言葉を寄せた。

「いずれにしてもシェフィールドにとっては非常に難しい日となっていただろう。ホルゲイトはそれを不可能な日にしてしまった」

「ひどいチャレンジだったよ。レッドカードに値したことは間違いない。彼は完全にボールを逃し、その後も足を高く上げた。信じられないほど危険だった」

 また、元イングランド代表MFのレオン・オズマンも、「これ以上悪いタックルを見たことがあるだろうか。今季になかったことは確かだ」と述べている。

「相手のキャリアを危険にさらしたことは確かだ」

 深刻な事態に至らなかったのは幸いだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「レッドではない」英国中を震撼させた三笘薫への危険タックル、相手主将がまさかの“逆切れ”「退場で試合が台無しに」「正当だった」
 
【記事】「ここ数年で最悪」「暴行だ」三笘薫の左膝に直撃した悪質タックルを元英代表MFが痛烈批判「彼のキャリアは終わっていたかもしれない」

【記事】「ふざけんな」「悪質すぎ」三笘薫への危険タックルにファン怒り!敵DFは一発レッド「やばすぎるだろ。怪我したらどうするんや」