2024シーズンのJリーグ開幕が間近に迫る。今季も熱いバトルでファン・サポーターを楽しませてくれるはず。本稿では、かつて日本代表で10番を背負い、現在は指導者や解説者、フットボールトラベラーとして活動する岩本輝雄氏にJ1リーグの順位を予想してもらった。

――◆――◆――

 優勝候補筆頭には川崎を推す。規格外の実力を持つと噂のエリソンをはじめ、新外国籍選手が早々にフィットできれば、従来のポゼッションサッカーに新風を吹かせそうだ。ブラジル人3選手のほか、山本や三浦ら実力ある日本人選手の獲得もあり、安定感が増しそう。

 2年連続で3位に入り、スキッベ体制下で完成度を高める広島は、昨季も含めて好機が多かったなか、決定力に優れた大橋の加入が大きい。彼が得点を重ねれば優勝も狙えるだろう。昨季王者の神戸も含めて、大混戦になると見る。

 残留争いでは、昇格組のなかでは黒田監督のもとで手堅く勝点を稼ぎそうな町田は安全圏に予想したが、磐田と東京Vは戦力的にも苦しいシーズンを送りそう。18位は京都としたが、湘南や柏、G大阪も含めて最後までもつれると思う。
【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part1)
●岩本氏のJ1順位予想
1位 川崎
2位 広島
3位 神戸
4位 横浜
5位 C大阪
6位 浦和
7位 FC東京
8位 名古屋
9位 町田
10位 鹿島
11位 札幌
12位 福岡
13位 新潟
14位 鳥栖
15位 G大阪
16位 柏
17位 湘南
―▼J2自動降格圏内―
18位 京都
19位 磐田
20位 東京V

構成●サッカーダイジェスト編集部

※サッカーダイジェスト 2024年3月号から転載。一部加筆修正あり。

【PHOTO】ついに今週開幕!Jリーグが2024年開幕PRイベントを開催!

【記事】脇坂泰斗が海外移籍より川崎残留を選んだ理由。勝負の2024年への強い覚悟【スペシャルインタビュー前編】

【記事】味方への要求、川崎らしさの提示。新キャプテン・脇坂泰斗が目指すJリーグで突き抜けた存在への挑戦【スペシャルインタビュー後編】