現地2月18日に開催されたプレミアリーグの第25節で、三笘薫を擁するブライトンはシェフィールド・ユナイテッドとアウェーで対戦。最下位に沈む相手に5−0の大勝を収めた。

 左サイドハーフで先発した三笘は11分、相手DFメイソン・ホルゲイトの悪質なタックルを左膝に受けて倒れ込んだものの、その後もプレーを継続。左サイドから何度もチャンスを作り出した。

 24分には滑り込みながらのダイレクトシュートでダニー・ウェルベックが決めた2点目を演出し、75分には左サイドからの鋭いクロスで3点目となるオウンゴールを誘発している。
【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険なタックル
 対峙した敵DFジェイデン・ボーグルにとっては災難だっただろう。現地メディア『VAVEL』は採点記事で「5点」をつけ、「前半、ミトマにボロボロに走らされ、傷跡の残る午後で、ブライトンの輝きの最大の犠牲者となった」と酷評されている。

「彼のスキルはプレミアリーグで傑出したドリブラーに1対1の守備をするには最適ではなく、プレッシャーのかかる試合で、彼がこれほど続けてボコボコにされるのを見るのは恥ずかしかった」

 調子のいい時はプレミア屈指のDFでも止められない三笘だけに、23歳のイングランド人DFには荷が重かったか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】三笘がキレキレのドリブルで相手DFを翻弄
 
【記事】「ここ数年で最悪」「暴行だ」三笘薫の左膝に直撃した悪質タックルを元英代表MFが痛烈批判「彼のキャリアは終わっていたかもしれない」

【記事】「レッドではない」英国中を震撼させた三笘薫への危険タックル、相手主将がまさかの“逆切れ”「退場で試合が台無しに」「正当だった」