今季の公式戦でここまでわずか1得点。昨年の9月以降、ゴールのない上田綺世を指揮官が擁護した。

 フェイエノールトは現地2月18日、エールディビジ第22節でRKCとホームで対戦し、1ー0で勝利。試合後、アルネ・スロット監督がこの一戦に途中出場した上田に言及した。オランダメディア『1908』が伝えている。

「アヤセは本当に上手くやっている。彼には十分なチャンスがあり、これが何よりも重要なことだ」
【PHOTO】イランとの戦いをスタジアムで応援した日本代表サポーター(part1)
 目に見える結果を残せていないが、その点は「理解している」と語る一方で、期待を寄せる。

「どんなに良いストライカーでも一定の間、得点できない時期があるものだ。我々は彼のためにチャンスを作り出し続ける。あとは時間の問題だ」

 フェイエノールトは次戦、22日にヨーロッパリーグ(EL)のプレーオフ第2レグでローマと激突。昨季のELファイナリストを相手に、上田は期待に応えるような活躍を見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「Happy birthday my little bro」「Felicidades bro」エムバペ&久保建英が“兄弟”イ・ガンインを祝福!韓国メディアは再会に期待

【記事】オランダでレギュラーを掴んだ佐野航大が誇示する“高度な戦術的能力”。本人は「全然満足できない」「感触は掴めなかった」と進化に貪欲【現地発】

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!