2024シーズンのJリーグ開幕が間近に迫る。今季も熱いバトルでファン・サポーターを楽しませてくれるはず。本稿では、現役時代はガンバ大阪の全盛期を支え、日本代表でも長く活躍した加地亮氏に、J1リーグの順位を予想してもらった。

――◆――◆――

 指揮官は変わったものの、継続路線の横浜を1位に予想。新守護神候補のポープは足もとの技術が高く、セルティックではポステコグルー(現トッテナム監督)のもとでコーチを務めたキューウェル監督を招聘した点なども踏まえれば、継続路線で強さを発揮できるのではないか。

 連覇を狙う神戸は戦力をさらに厚くした印象も、大迫ら主力がシーズンを通して活躍できるかがポイントになりそうだ。遠藤や小柏らを獲得したFC東京、J1仕様のチーム作りを進める町田がどこまで躍進できるかも楽しみだ。

 京都はM・トゥーリオ、新潟は小野と得点源になりそうな選手を獲得したが、その活躍は未知数。東京Vは昨季J2最少失点の守備が機能するか。課題だった攻撃面の改善はもとより、J1経験のない若手が多い点は不安要素だろう。
【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part1)
●加地氏のJ1順位予想
1位 横浜
2位 広島
3位 神戸
4位 浦和
5位 川崎
6位 C大阪
7位 FC東京
8位 鹿島
9位 名古屋
10位 福岡
11位 鳥栖
12位 G大阪
13位 町田
14位 柏
15位 札幌
16位 磐田
17位 湘南
―▼J2自動降格圏内―
18位 京都
19位 新潟
20位 東京V

構成●サッカーダイジェスト編集部

※サッカーダイジェスト 2024年3月号から転載。一部加筆修正あり。

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part2)

【記事】【松木安太郎のJ1順位予想】戦力充実の浦和は化けそう。FC東京、神戸が対抗馬か。ヴェルディにはいろんな意味で注目している

【記事】【岩本輝雄のJ1順位予想】優勝候補筆頭は川崎。エリソンら新外国籍選手がフィットできれば、従来のポゼッションサッカーに新風を吹かせそう