2024シーズンのJリーグ開幕が間近に迫る。今季も熱いバトルでファン・サポーターを楽しませてくれるはず。本稿では、現役時代、得点感覚に優れたストライカーとしてガンバ大阪やセレッソ大阪、大宮アルディージャなどで活躍した播戸竜二氏に、J1リーグの順位を予想してもらった。

――◆――◆――

 どこが優勝するのか読めないのがJリーグの魅力であり、鹿島を6位、川崎を7位としたが、J1初挑戦の町田も黒田剛監督が5位以内を目ざすと公言しているだけあって、補強が積極的で楽しみだ。

 神戸は初優勝した昨季の主力の大半が残ったうえに、井手口陽介、トップとウイングができる宮代大聖、最終ラインでさまざまなタスクをこなせる岩波拓也らを獲得。連覇に向けて堅実な補強を行なっている印象で、J1制覇の可能性は十分にあるだろう。

 東京Vは昨季のベースがあるものの、戦力的にJ1でどれだけ戦えるかが不安要素。残留争いのなかでは苦しい時に得点が取れるFWがいるかが重要なポイントになる。京都や磐田は新助っ人がチームにフィットすれば…。

 残留争いも紙一重な試合が続くだろうし、各チームの積み上げ、夏の補強にも注目したい。
【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!
●播戸氏のJ1順位予想
1位 神戸
2位 横浜
3位 浦和
4位 広島
5位 名古屋
6位 鹿島
7位 川崎
8位 町田
9位 C大阪
10位 G大阪
11位 FC東京
12位 福岡
13位 新潟
14位 札幌
15位 鳥栖
16位 柏
17位 湘南
―▼J2自動降格圏内―
18位 京都
19位 東京V
20位 磐田

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

※サッカーダイジェスト 2023年2月23日号から転載。一部加筆修正あり。

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part2)

【記事】【松木安太郎のJ1順位予想】戦力充実の浦和は化けそう。FC東京、神戸が対抗馬か。ヴェルディにはいろんな意味で注目している

【記事】【加地亮のJ1順位予想】継続路線の横浜を1位に。戦力が厚くなった印象の神戸は、主力がシーズンを通して活躍できるかがポイントに