2024シーズンのJリーグ開幕が間近に迫る。今季も熱いバトルでファン・サポーターを楽しませてくれるはず。本稿では、横浜、G大阪、柏の監督を歴任し、横浜マリノス(当時)監督時代にはリーグ優勝も経験する早野宏史氏に、J1リーグの順位を予想してもらった。

――◆――◆――

 チームコンセプトを1番に考えて、選手の移籍やクラブの財力を加味した。

 昨シーズン、手堅いサッカーで初優勝を果たした神戸は、追われる立場の難しさがある。最右翼は横浜だ。指揮官が変わっても戦い方が不変。前線の強力なブラジル人トリオ残留が大きい。

 攻撃力に改善を加え、成熟する広島と、北欧路線を継続した浦和がライバルで、この2チームなどが昨季よりも順位を上げるか。王者・神戸のほか、新助っ人がハマれば、5位に予想した川崎も面白そうだ。

 13位以下に予想したクラブはどこも危ない。混戦になるだろう。当たらないでほしいが、攻撃的で楽しいサッカーの札幌だが、不安定で危ない橋を渡っているようにも映る。名門ヴェルディは補強が十分だったとは言えない。残留へのサバイバルレースは今季も混戦模様だ。
【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
●早野氏のJ1順位予想
1位 横浜
2位 広島
3位 浦和
4位 神戸
5位 川崎
6位 名古屋
7位 C大阪
8位 鹿島
9位 福岡
10位 FC東京
11位 町田
12位 新潟
13位 京都
14位 G大阪
15位 鳥栖
16位 柏
17位 湘南
―▼J2自動降格圏内―
18位 磐田
19位 札幌
20位 東京V

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

※サッカーダイジェスト 2023年2月23日号から転載。一部加筆修正あり。

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part1)

【記事】【松木安太郎のJ1順位予想】戦力充実の浦和は化けそう。FC東京、神戸が対抗馬か。ヴェルディにはいろんな意味で注目している

【記事】【加地亮のJ1順位予想】継続路線の横浜を1位に。戦力が厚くなった印象の神戸は、主力がシーズンを通して活躍できるかがポイントに