[ACLラウンド16]川崎 2−4 山東泰山/2月20日/等々力陸上競技場
※2戦合計 川崎 5ー6 山東泰山

 ACLのラウンド16の第2戦、ホームで中国の山東泰山と対戦した川崎は2−4で敗戦。トータルスコア5−6で大会を去ることになった。

 アウェーでの第1戦を3−2制し、アドバンテージを得ていたはずだが、序盤からミスが重なって2失点。その後、トータルスコアで再逆転を果たすも、終盤の2失点で力尽きた。

 シーズンインからいきなり過密日程に挑んだが、大きな悔いの残る敗戦となってしまった。4失点のうち3失点はミスが絡みで、球際の寄せなどでも後手を踏むシーンが見られた。

 さらに多くのチャンスを作りながら決め切れず。高すぎる代償を払ってしまったと言えるだろう。

【PHOTO】平日17時開催の等々力陸上競技場に集結!川崎フロンターレサポーターを特集!(Part1)
 
 試合後にはサポーターからフロンターレコールで背中を押されたが、「あの時点では何も考えられなかった」と話すのは橘田健人だ。自身のプレーにも多くの反省が残ったのだろう。

 それでも週末にはリーグ開幕戦が待っている。

「この負けをただの負けにしないように、今季が終わった時にあの負けがあったからと言えるように」

 ロッカールームではなんとか前を向こうと、意志を共有したという。

 自身は昨季、主将を担い、リーダーとしての過酷さを身に沁みて理解している。だからこそ、今季から新主将を担う先輩の脇坂泰斗へのサポートも誓う。

「チーム全員で力を合わせないと強くなれない。そこは誰かひとりの責任ではなく、しっかりみんなで支え合いながら、自分もやっていきたいです」

 川崎の悲願で「アジア取るのがこのクラブの目標で、個人としても、それに貢献したいという想いがあったので悔しい」とすぐに切り替えるのは難しいだろう。

 それでも今は前を向いて歩いていくしかない。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【厳選ショット】90+7分に痛恨の失点…。2戦合計5−6で、8強入りの夢は潰える。|ACLラウンド16第2戦 川崎2−4山東

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!

【記事】「とっても華やかです」国立にJクラブチアが大集合!「アビチアちゃん完全優勝」「袖あってよかった」などの声