レアル・ソシエダの久保建英は2月12日、2029年までの契約延長にサインした。

 ただ、この逸材の獲得を狙うクラブは諦めていないようだ。スペインメディア『El Desmarque』のギプスコア版は20日、「クボは契約更改としても、プレミアの日本人への関心は止まらない」と見出しを打った記事を掲載。こう伝えている。

「この契約更新によっても、重要なクラブのタケへの関心は止まらなかった。『Relevo』は昨日、リバプールが彼を気に入っており、レアル・マドリーも彼を見失っていないと報じた」
【動画】ドリブルから左足を一閃!古巣戦で決めた久保の鮮烈弾!ゴール後は喜ばず
 同メディアは「タケ・クボの成長を追いかける重要なクラブはリバプールだけではない。同様にしばらくの間その成長を観察してきたもう1つのチームはレアル・マドリーだ。白のチームは来シーズンに向けてキリアン・エムバペが出場できる素晴らしいチームを編成することに取り組んでおり、優先拒否権を持つ日本人選手もまた彼らにとって好ましい補強となるだろう」と綴っている。

「マドリーが彼との契約を望んだ場合、常にソシエダに決定権があり、マドリーはこのウインガーの獲得に3300万ユーロを支払わなければならない。残りのクラブが支払う金額は6000万ユーロである。いずれにせよ、ソシエダはドノスティアで選手として成長を続けたいという選手の願望を冷静に受け止めている」

 この22歳への注目は増すばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】久保建英はなぜゴールを喜ばなかったのか。試合後に語った古巣マジョルカへの“思い”「スペインに来てから、ここは最高の場所だった」
 
【記事】「素早いシュートで驚かせた」MVPに選出!古巣から鮮烈弾の久保建英に現地メディアがチーム最高評価!「攻撃面で最も危険だった」 

【記事】「決めないとやばいな」13試合ぶり弾の久保建英が試合後に明かした“本音”「批判だったり、落ち着くと思うんで」