パリ五輪の出場権獲得へ。なでしこジャパンが運命の北朝鮮戦に臨む。2月24日にサウジアラビアで、同28日に国立競技場で戦うホーム&アウェー方式で勝敗を決する。

 昨年の女子ワールドカップ以後、なでしこジャパンは主に熊谷紗希をアンカーに置く4-3-3システムを採用。そこで長谷川唯とともに攻撃の軸になっていたのが左ウイングの宮澤ひなたと左サイドバックの遠藤純だった。

 しかし今回、宮澤と遠藤が揃って怪我で不在。ふたりのコンビネーションは異彩を放っていただけに、相応のダメージがある。

 北朝鮮戦を仮に4-3-3システムで戦うならこの穴をどう埋めるのか。左ウイングに中嶋淑乃、左サイドバックに追加招集の北川ひかるを起用する手はあるだろう。ただ、WEリーグでの確かな実績を見れば期待できる部分もある半面、いきなりサウジでの北朝鮮戦で力を発揮できるかという不安もある。
 
 第1戦の開催地が決定したのは2月21日、決戦の3日前である。そんな状況下でA代表経験が浅い中嶋、北川は力を出し切れるだろうか。

 技術以上にメンタルの強さが求められそうな北朝鮮戦。宮澤、遠藤不在の左サイドは最大の懸念に映る。 

 なでしこジャパンの池田太監督はどんなシステム、メンバーで臨むのか。猶本光が負傷離脱中の右ウイングはおそらくワールドカップ経験者の藤野あおばが担うはずだが、果たして左サイドは? 清家貴子、杉田妃和らの起用も考えられるか。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【PHOTO】パリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との2連戦に挑む日本女子代表招集メンバー22名を一挙紹介!

【記事】「久々むかついたわ」「日本の宝を潰すなや」投稿の真相。鄭大世は鈴木彩艶への過剰な批判について何を思ったか

【記事】川崎一筋15年の登里享平はなぜC大阪へ移籍したのか。中村憲剛、大久保嘉人、家長昭博、小林悠らからの言葉、数えきれない涙、誓った決意【インタビュー前編】