リバプールの遠藤航がクラブの公式インタビューで、恩師の退任について本音を明かした。

 就任9年目のユルゲン・クロップ監督は先月、今シーズン限りで退任を電撃発表。世界中を驚かせた。

 遠藤は「そのこと(退任)を聞いて悲しかった。僕は監督のためにプレーすること、そして彼のサッカーをプレーするのを本当に楽しんでいるんだ」と語り、こう続けている。
【動画】クロップ監督が遠藤にまさかのビンタ
「残念だけど、監督が去ってしまう前に彼のためにタイトルを獲得したいと心から思っている。 ユルゲンの下でプレーしたのは1シーズンだけだ。他の人たちはもっと長くここにいるから、もっと感情を持っているかもしれないけど、彼は僕をとても助けてくれたんだ」

 現地25日、リバプールはチェルシーとのカラバオカップ決勝に挑む。いまや不可欠な存在となった日本代表MFは、タイトル獲得に貢献できるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「エンドウは好きじゃない」絶賛相次ぐ遠藤航を元イングランド代表MFがまさかの批判!その理由は?
 

【記事】「これまでエンドウのような補強がなかったのは不満」遠藤航がリバプールに不足していた!地元記者が指摘「信じられない」

【記事】「エンドウは自分をマラドーナだと思った」遠藤航の“神の手”にお咎めなしで現地騒然!主審には怒りの声「世界で唯一見逃した男」「どうしてハンドでない?」