日本代表の冨安健洋が所属するアーセナルは、現地時間2月24日に開催されるプレミアリーグ第26節でニューカッスルとホームで対戦する。

 アーセナルの地元メディア『Football.London』によると、この一戦に向けた前日会見で、ミケル・アルテタ監督はニューカッスルを「彼らは本当に良いチームだ。優れた選手たちがいて、素晴らしいスピリットを持っている。我々や多くの対戦相手にとって勝つのは難しい」と警戒する。

 アジアカップから帰還後、欠場が続いている冨安など続出している怪我人の状態について訊かれると、指揮官は以下のように答えている。
【動画】冨安のアーセナル加入後初ゴール!
「(トーマス・パーテイは)様子を見てみる。今日、トレーニングセッションがある。彼はもう何か月も離脱していて、タイミングを見極める必要があるが、復帰にはとても近づいていると思う。ガビー(ガブリエウ・ジェズス)も同様の状況だ。アレックス(オレクサンドル・ジンチェンコ)も遠くない。冨安はまだもう少しかかりそうだ」

 果たして冨安がピッチで躍動する姿はいつ見られるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】冨安健洋の1対1はアーセナルでも別格!同僚FWが“練習中にドリブル突破が最も難しい選手”に選出!「トミヤスは強い」
 
【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!

【記事】「エンドウが予想していなかった中盤のマエストロに」遠藤航は守備だけではない!地元メディアが絶賛「ライバルのファンはこの移籍を嘲笑していたが...」