クリスタル・パレスは2月19日、体調不良で辞任したロイ・ホジソン監督の後任にフランクフルトの前指揮官であるオリバー・グラスナーを招聘した。

 これを受けて、パレスの専門サイト『WE ARE PALACE』は、「オリバー・グラスナー監督の下で25ゴールを挙げた選手が7月にフリーエージェントとなり、クリスタル・パレスは行動を起こす必要がある」と題した記事を掲載。フランクフルト時代に、この指揮官の下でプレーした鎌田大地の獲得を提言した。

 同メディアは、「興味深いことに、過去にオリバー・グラスナーの下で輝かしい選手が一人いる。クリスタル・パレスはこの夏、その選手と契約する可能性が十分にある」と綴り、「パレスはカマダの獲得に動くべきだ」と主張している。

「日本代表はアイントラハト・フランクフルトのグラスナー監督の下で重要なパーツとして活躍し、13試合に出場して5ゴールを記録し、2022年のヨーロッパリーグでのドイツチームの成功に重要な役割を果たした。カマダは49歳の指揮官の下で、計93試合に出場して25ゴールを記録した。12アシストもマークしており、グラスナー監督の下では2.5試合ごとにゴールに絡んでいることになる」

【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地観戦する選手たちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 記事は、「エベレチ・エゼを除けば、クリスタル・パレスにはカマダのようなファイナルサードで相手を困らせることのできる攻撃的MFが実際にはいない。27歳の彼は7月にラツィオとの契約が満了するとフリーエージェントになる予定であるため、(SDの)ドギー・フリードマンは契約を締結するべきだ」と見解を続けている。

「ラツィオはカマダを引き留める可能性が低いようだ。2023年8月にフリー移籍で加入したラツィオはカマダを評価していないようなので、南ロンドンへの移籍がカマダの計画にある可能性は十分にある。フリードマンはセルハースト・パークでカマダとグラスナーを再会させるために全力を尽さなければならない」

 ラツィオで出番を失っている鎌田は、今夏の退団が濃厚視されている。恩師との共闘も選択肢のひとつとなるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「カマダは本当に役に立たないのか」鎌田大地の5戦連続出番なしを伊大手紙が疑問視「危機にあるラツィオで出場機会を得られていない」 

【記事】「本当に理解できない」久保建英が謝罪した“失点関与”をスペイン大手紙が糾弾「どうして日本人はこんなことになってしまったのか」 

【記事】「これまでエンドウのような補強がなかったのは不満」遠藤航がリバプールに不足していた!地元記者が指摘「信じられない」