三笘薫が所属するブライトンは、現地2月24日に行なわれたプレミアリーグの第26節で、エバートンとホームで対戦。73分に先制を許す苦しい展開のなか、90+4分に主将ルイス・ダンクのヘッド弾で同点に追いついたものの、17位に沈む相手と1−1のドローに終わった。

 前日にロベルト・デ・ゼルビ監督が「腰に問題がある」と話した三笘の欠場はやはり大きかったようだ。

 英公共放送『BBC』は「ミトマが腰の問題によりこの試合を欠場し、デ・ゼルビからまたひとり創造性を出せる選手が奪われており、負傷の問題を解決する必要がある」と伝えた。
【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険すぎるタックル
 また、『BNN』はこう報じている。

「ミトマやジョアン・ペドロといった主力選手が負傷で離脱し、アルビオンのラインナップに明らかに穴が空いてしまった。デ・ゼルビはこうした選手の欠場を嘆き、チームに重要なポイントを奪う重大な要因であると指摘した。エバートン戦ではミトマの腰の問題とペドロの不在が顕著に表われ、チームはチャンスを勝利に変えるのに苦労した」

 個で打開できる日本代表アタッカーの不在は、やはり小さくない影響を与えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「ミトマの不在は問題だ」17位とドローのブライトン、三笘薫の故障欠場に指揮官が嘆き!「選手のレベルが違うので難しい」
 
【記事】「エンドウは好きじゃない」絶賛相次ぐ遠藤航を元イングランド代表MFがまさかの批判!その理由は?

【記事】「容認できない。制裁を」三笘薫へのホラータックルを元バルサの“天才”も非難「彼とは同僚だったけど、心が張り裂けそう」