日本人5選手を擁するセルティックは現地時間2月25日、スコットランドリーグの第27節でマザーウェルと敵地で対戦した。

 古橋亨梧、前田大然、岩田智輝が先発し、アジアカップで負傷した旗手怜央と小林友希はベンチ外となったセルティックは、43分にブレア・スピッタルに鮮やかなミドルを叩き込まれて、先制点を奪われる。

 それでも、後半開始から古橋に代わって入ったアダム・アイダが、51分に打点の高いヘッドを叩き込んで同点弾を奪取。さらに90+4分にも、右からのクロスに合わせて勝ち越しゴールを決めた。

 その直後には、同じく途中出場のルイス・パルマがダメ押し弾をゲット。3−1で劇的な逆転勝利を飾った。
【動画】キルマーノック戦、古橋が強烈ヘッドで先制弾!
 英公共放送『BBC』によると、ブレンダン・ロジャーズ監督は、こう試合を振り返った。

「とても重要な勝利だ。選手たちは後半、要求に応えてくれた。我々は不安な状態で試合をスタートし、ビハインドを負ってしまった。チームとしてのメンタリティと信念を示さなければならないとハーフタイムに選手たちに伝えた。後半は勝利に値するパフォーマンスだった」

 また、途中出場から2ゴール決めて勝利の立役者となったアイダには、以下のように賛辞を贈っている。

「我々はもっとアタッキングサードでプレーするべきだった。この試合では、相手の裏に走れて、試合を決めてくれる選手が必要だった。アダムが素晴らしいヘディングシュートを決めてくれた」

 今冬にセルティックに加入したばかりのアイダ。古橋らFW陣とのポジション争いに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
 
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「エンドウは好きじゃない」絶賛相次ぐ遠藤航を元イングランド代表MFがまさかの批判!その理由は?