現地時間2月25日に開催されたリーグ・アンの第23節で、南野拓実が所属するモナコはRCランスと敵地で対戦。3−2で勝利を飾った。

 この試合で躍動したのが、4−4−2の右サイドハーフでフル出場した南野だ。まずは1点をリードした30分、ウィサム・ベン・ヤーデルのシュートのこぼれ球に素早く反応。右足の鋭いシュートで相手のオウンゴールを誘った。

 さらに2−2で迎えた77分には、GKブリス・サンバに倒されてPKを獲得。しかし、これはフォラリン・バロガンが失敗した。それでも後半アディショナルタイム、南野は右サイドから切り込んで左足を一閃。強烈なシュートを突き刺して、決勝点を奪ってみせた。
【動画】指揮官も絶賛!南野の圧巻ゴラッソ
 圧巻のパフォーマンスを見せた南野に対して、フランスメディア『Maxifoot』は採点記事で「8.5点」を付与。マン・オブ・ザ・マッチに選出し、以下のように賛辞を贈っている。

「この日本人は別格だった。印象的なプレーで、ライン間を駆け抜け、RCランスの守備陣を苦しめた。後半にはGKサンバのファウルでPKを獲得した。そして彼の自己犠牲と欲望は、アディショナルタイムの強烈な一撃で報われた。一流の選手だ」

 勝利の立役者となった南野は今季のゴール数を6に伸ばした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「ミナミノよ、何というゴールだ!日本人が驚異の魚雷を打ち込んだ」衝撃ゴラッソを含む圧巻2発!南野拓実を仏メディアがこぞって絶賛!「救世主」「左足の止められないショット」
 
【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!

【記事】「アジア人差別エグい」2年前の南野拓実に続いてまた...遠藤航が優勝カップを掲げる寸前に現地中継カメラが“切り替え”。ネット騒然「またやったのか」「酷いね」