現地時間2月25日に開催されたラ・リーガの第26節で、レアル・マドリーはホームでセビージャと対戦。1−0で勝利を飾った。

 この試合で決勝弾を奪ったのが、マドリーのルカ・モドリッチだ。75分から途中出場すると、その6分後、ペナルティエリア手前の中央で相手のクリアボールに反応。巧みなファーストタッチから右足を振り抜き、強烈なミドルをゴール右に叩き込んでみせた。
【動画】絶妙トラップから右足一閃!モドリッチの衝撃弾
 このゴラッソにSNS上では「かっこよすぎ」「トラップが異次元」「38歳だぞ」「さすがに鳥肌ゴール」「ファーストタッチがえぐすぎ」「本当にすべてが上手すぎる」「トラップからシュートまでの流れが最高」などの声が上がっている。

 またクラブの公式サイトによると、モドリッチ本人は「とても難しい試合だったが、勝利できた。ゴールで貢献できて嬉しいよ。シュートは毎日練習していたし、打たなければ入らない。神に感謝したい」と決勝弾を喜んだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「涙なしには見れない」中村俊輔、まさかの2ショットにファン感慨「こんな日も来るんだな」「なんか感動した
 
【PHOTO】SNSフォロワー数が1550万超! スイス女子代表のブロンド美女、アリシャ・レーマンが魅せる厳選ショット集をお届け!

【記事】「アジア人差別エグい」2年前の南野拓実に続いてまた...遠藤航が優勝カップを掲げる寸前に現地中継カメラが“切り替え”。ネット騒然「またやったのか」「酷いね」