なでしこジャパンは現地2月24日、サウジアラビアで開催されたパリ五輪・アジア最終予選の第1戦で北朝鮮と対戦し、0−0のドローに終わった。

 日本は序盤からボールを持つ時間を作ったが、チャンスに繋がるラストパスや効果的な崩しを見せられず。逆に北朝鮮のタイトな守備とカウンターに、最後まで苦しめられた。

 センターフォワードで先発し、87分までプレーした田中美南は、「やっぱり勝って終わりたかったのが正直な気持ち」としつつ、次のように反省点を語った。
【PHOTO】長谷川唯のダブルピース、猶本光の決めカット、熊谷紗希のキラキラネイル...なでしこジャパンFIFA公式ポートレートギャラリー
「自分たちで攻撃のリズムを作れなかったし、そもそも前に、ペナルティエリアまで押し込む攻撃のパターンも作れなかった。それで相手のほうがシンプル(な攻撃)で、シュートチャンスもあって、決定的なシーンが向こうのほうが多かった。

 中盤でタイトに来るところは想像以上だったんですけど、ポゼッションの部分で、上回れなかった」

 やりたい攻撃がなかなか出せないまま90分間を終え、不完全燃焼に終わったなでしこジャパン。それだけに田中美は、「引き分けて良かったなというのは、こっちのほうなのかなと思います」と安堵した。

 日本は、28日に国立競技場で北朝鮮との第2戦に挑む。勝利すれば、今年7月に開幕するパリ五輪への出場権を獲得できる重要な一戦に注目だ。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】代替地で北朝鮮にドロー...なでしこJの歯車を狂わせた要因は? 目に見える不安材料は左サイドからの攻撃。ピースを効果的にはめ合わせたい

【記事】「失望の成績でも森保監督が留任」“悪夢のアジア杯”後の日・韓・中の違いを韓国メディアが比較。自国には辛辣「途方もない混乱。嵐から抜け出せない」

【厳選ショット】急遽のサウジ開催・気温31度など苦しい試合はスコアレスで国立の第2戦へ!|女子五輪最終予選 第1戦 北朝鮮女子0−0日本女子