現地時間2月28日に開催されたスコットランドリーグ第28節で、日本人5選手が所属するセルティックはホームでダンディーと対戦。7−1で大勝を飾った。

 この一戦で、3点をリードして迎えた30分に追加点を決めたのが、左ウイングで先発出場した前田大然だ。ボックス内でマット・オライリーのパスを受けると、キックフェイントから左足を一振り。見事なコントロールショットをゴール左に叩き込んだ。
【動画】前田が今季5点目!巧みな切り返しから左足でフィニッシュ
 セルティック専門サイト『Celts Are Here』は、「セルティックのウインガー、前田大然がリードをさらに広げるゴラッソを決めた」と賛辞を贈っている。

「前田がボックス内から左足で放ったシュートは、ダンディーの守護神トレバー・カーソンにチャンスを与えなかった。この日本人ウインガーは、セルティックの左サイドにおける最高のオプションであることを証明している。ジョッタがいた昨シーズンでさえ、彼は君臨していた」

 今季5点目をマークした前田。ここからさらにゴール数を伸ばせるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「傑出していた」「どうしてもっと起用しないのか」久々の先発で躍動の岩田智輝をセルティック地元メディアが激賞!「次もスタメン入りするべきだ」
 
【PHOTO】重要な一戦に勝利しパリ五輪行きの切符を掴む!笑顔溢れるなでしこジャパンを厳選してお届け!

【記事】「山下の1ミリ」なでしこ守護神、絶体絶命のピンチを救う超ビッグセーブにファン喝采!「全世界の人に見て欲しい」