現地時間3月1日に開催されたリーグ・アンの第24節で、南野拓実が所属する3位のモナコは首位のパリ・サンジェルマンとホームで対戦。スコアレスドローに終わった。

 この一戦に4−4−2の左サイドハーフで先発した南野は、16分にペナルティエリア外からのミドルシュートを放つなど、相手ゴールを脅かした。
【動画】南野の決定的なシュートが名手ドンナルンマに阻まれる
 だが、フランスメディア『maixifoot』の採点では、及第点以下の「5.5点」止まり。寸評ではポジティブな面とネガティブな面が綴られている。

「技術面において、この日本人はかなり奮起していた。モナコのカウンター時には、素早く攻撃を仕掛けて、(ウィサム・)ベン・ヤーデルや(フォラリン・)バロガンなどの攻撃陣を活かすプレーを披露した。一方で、南野個人のドリブル突破などは相手に封じられてしまった」

 モナコは次戦、10日にストラスブールと相まみえる。2戦連発はならなかった南野は、この試合で再び結果を残せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】復活の南野拓実、2戦連続ゴラッソと思われたが…世界的守護神に阻まれ、嘆きの声「ひゃー惜しい」「めっちゃ良い時にセーブすんな」
 
【記事】「この日本人は別格だった」衝撃ゴラッソで決勝弾の南野拓実、現地メディアがMOMに選出!「彼の自己犠牲と欲望が報われた。一流の選手だ」

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!