日本代表は3月21日、北中米ワールドカップ・アジア2次予選で北朝鮮と国立競技場で対戦している。

 ホーム&アウェー方式で行なわれる2連戦の初戦。森保ジャパンのスタメンは次の通り。システムは4−2−3−1で、GKは鈴木彩艶、最終ラインは右から菅原由勢、板倉滉、町田浩樹、伊藤洋輝、ダブルボランチは守田英正、田中碧、2列目は右から堂安律、南野拓実、前田大然、1トップは上田綺世が務めた。

 開始2分にいきなり先制。左サイドからのクロスにファーサイドで反応した堂安が、ヘディングで折り返す。はね返りに再び堂安がダイレクトでマイナスのグラウンダーのクロスを供給すると、これに田中が右足で合わせて、ゴール右にコントロールシュートを決めた。

 ボールを保持する日本は、奪われても切り替えの速い守備で奪い返し、すぐさま攻撃に転じる。丁寧な繋ぎからボランチの田中、守田が鋭い縦パスを供給。緩急をつけた攻めで相手を翻弄していく。
【動画】田中碧の先制弾!
 11分、堂安との連係からの守田のシュートはわずかに枠を捉えられず。13分の堂安のミドルは相手GKの好セーブに遭った。

 カウンターを狙う北朝鮮の攻撃にも、CBの板倉滉と町田浩樹を筆頭に守備陣が冷静に対応。19分のロングスローも伊藤がしっかりと競り勝ち、頭ではね返す。

 29分、ペナルティエリア右で堂安か細かいタッチで相手をかわして放った左足のシュートもGKの正面。43分には華麗なパスワークから南野のスルーパスに抜け出した堂安がGKとの1対1を仕留め切れず。1−0のリードで前半を終えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】北朝鮮に持って行きたいものは? 記者陣を爆笑させた久保建英の答え「遠足じゃないんで...」
 
【記事】「どういうつもりなん?」前田大然のまさかの“変貌”に驚いた南野拓実。報道陣を笑わせた一言「プレゼントします」

【PHOTO】現地で日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!