[北中米W杯アジア2次予選]日本 1−0 北朝鮮/3月21日/国立競技場

 3月21日に行なわれたワールドカップ・アジア2次予選で、日本は北朝鮮と対戦した。2分に田中碧が幸先良くゴールを挙げ、ゴールラッシュの雰囲気が漂ったものの、その後はスコアが凍りついて動かず。結局、1−0で試合を終えた。

 日本のシステムは[4−2−3−1]、対する北朝鮮は[4−4−2]。ボード上のかみ合わせで言えば、日本のポゼッション時に守田英正と田中碧は空きやすい。しかし、北朝鮮は2トップに入ったFWハン・グァンソンが少し下がって守田と田中の一方を見つつ、もう一方にはMFキム・グボムが前へ出て寄せた。

 完全なマンマークではないが、守田と田中にスペースを与えず、パスコースを狭め、日本のボランチを経由するポゼッションに制限をかけてきた。左サイドハーフのチェ・ジュソンも中へ絞る意識が強かったので、バイタルエリアが空いているように見えても、ボランチからの縦パスは覗きづらく、2人はやや窮屈そうに横パスを出す場面が多かった。
【PHOTO】日本代表の北朝鮮戦出場16選手&監督の採点・寸評。及第点を上回ったのは4人、最高点は決勝弾の田中碧
 ただし、その分サイドは空いた。北朝鮮はクロスに対する守備は優れているが、前述の通りボランチが前へ守備を行なうため、センターバックの前にスペースが空きがち。この試合、真ん中→真ん中では通らないコースも、サイドからは窺いやすかった。

 相手のラインが高ければ背後へ走り、ラインを下げられたら、その手前のペナルティアーク付近を狙う。サイドからパスを折り返し、南野拓実、上田綺世、あるいは前田大然らが受けて、ビッグチャンスを創出した。

 サイド起点の攻撃が有効だったのは間違いない。だが、決定力を欠いて2点目を奪えなかったし、何よりトライの回数が足りなかった。ポゼッションのスピードが上がらず、菅原由勢らサイドバックの立ち位置も低かったため、サイドへ出しても北朝鮮のスライドが間に合ってしまう。前半は徐々に、だらだらと時間が過ぎる展開になった。

 難しかったのは、北朝鮮も終始サイドからカウンターを狙っていたことだ。うかつにサイドバックが高い位置を取ったり、サイド攻撃に人数をかけたりすると、ボールを前向きに遮断されたとき、サイドバックの背後へカウンターを食らう恐れがある。どうにか町田浩樹や板倉滉、田中らが1対1で防いだが、北朝鮮に良いパッサーがいれば、もっとピンチに陥っても不思議ではなかった。
 被カウンターのリスク。この件は後半になっても、サイドカウンターで遠藤航が振り切られるなど、終始落ち着かなかった。これではサイド攻撃に人数をかけづらいのも、サイドで高い位置を取りにくいのも、無理はない。

 落ち着いたのは、74分に[3−4−2−1]に変更してからだった。谷口彰悟を加えた3人のセンターバックが思い切って球際で勝負できるだけでなく、ポゼッション時のリスク管理が明確になった。後ろの幅を3人でカバーするので、サイドが高い位置を取りやすい。

 このシステム変更は多様に効いた。リードが1点しかなかったこともあり、日本はリスクを回避するために、ロングキックを選択する傾向が強くなっていた。鈴木彩艶から上田綺世への長距離ルートは開通していたが、いつも成功する選択肢ではない。どうしてもセカンドボールを拾われ、押し込まれがちになる。
【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
 それならサイドからスピードに乗って押し込まれるよりは、守備は5バックで構えて予めスペースを消したほうがいい。システム変更後は、北朝鮮の縦へのスピードが明らかに下がった。采配は良かった。

 攻守のバランス。これまでは伊東純也や三笘薫がウイングにいて、1人で勝負してくれたため、バランスが崩れにくかった。しかし、今のメンバーではそうもいかないので、サイド突破に人数をかけよう、となれば、被カウンターのリスクが高まる。

 逆にそれを強く警戒すれば、実際にそうだったように、得点力が下がる。こうした攻守のバランス構築に、63分まで苦労した印象だ。

 正統派ウイング不在の試合は、今後も想定しなければならない。次はもっと上手くやりたいところだ。

取材・文●清水英斗(サッカーライター)

【記事】「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」

【記事】「悪性伝染病が原因?」北朝鮮vs日本戦の平壌開催が急きょ中止→明かされた理由に韓国メディアも驚愕!「日本には好都合だろう」