日本代表は3月21日の北中米ワールドカップ・アジア2次予選で、北朝鮮と国立競技場で対戦。開始2分にMF田中碧が決めた鮮やかなシュートが決勝弾となり、1−0で勝利を飾っている。

 この一戦で、主将の遠藤航はベンチスタートとなり、ダブルボランチは守田英正と田中碧が組んだ。

 遠藤は週末のFAカップ準々決勝マンチェスター・ユナイテッド戦で延長戦を含む120分間プレーしており、コンディションを考慮され、おそらく5日後の2戦目(中止が決定)で先発予定だったのだろう。

 ただ、後半にやや押し込まれて、落ち着かない展開となったため、58分から守田に代わって途中出場を果たしている。
【PHOTO】日本代表の北朝鮮戦出場16選手&監督の採点・寸評。及第点を上回ったのは4人、最高点は決勝弾の田中碧
 ベスト8敗退に終わった先のアジアカップで、遠藤は全5試合にフル出場。田中碧が選外となったうえ、苦戦が続いて、交代や温存ができなかったのはひとつの課題となった。

 そんなキャプテンは、守田と田中が組んだダブルボランチをどう見たのか。「お互いにポジションを見ながらポゼッションも守備もやれる2人だと思うし、そんなに違和感はなかった」と評している。

 また自身がプレーしなかった前半のチームの出来は、「入り方は良かったと思いますし、1点取れたのも非常に大きかった。その後も自分たちのペースが続くかなみたいのはありましたけど」と話し、こう続けている。

「(相手は)ブロックを引いた中でも、球際というか、縦に入ったボールに対してかなり厳しくきていたんで、もうちょっとサイドをシンプルに使ったりとか、(上田)綺世が何回か裏抜したりというのもありましたけど、ああいうボールをシンプルにもうちょっと入れてもよかったのかな」

 タフなプレミアリーグで、強豪リバプールの主力としてプレーしているだけに、今後もコンディションが万全でない時はあるだろう。もちろん課題もあるが、“遠藤抜き”でもタフな相手にリードを奪えたのはひとつの収穫だ。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】前田大然へ北朝鮮MFが悪質なタックル。その時、ベンチから飛び出て激昂した選手がいた――
 

【記事】「こんな幸せなことはない」日朝戦中止→日本代表解散直前に“驚きの発言”をした選手は?

【記事】「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」