国立競技場で3月21日に開催された北中米ワールドカップ・アジア2次予選第3節で、日本代表は北朝鮮代表と対戦。開始2分にMF田中碧が決めた先制ゴールを何とか守り抜き、1−0の勝利を飾っている。

 この一戦のメンバー表を見た時、先発を予想していた遠藤航と久保建英のベンチスタート以上に驚きだったのが毎熊晟矢のベンチ外だった。

 セレッソ大阪の右SBは、まさかのベスト8敗退に終わった先のアジアカップで、評価を上げた数少ない選手だったからだ。

 精彩を欠いていた菅原由勢に代わって、グループステージ第3戦のインドネシア戦から先発に抜擢されると、持ち味の鋭い攻め上がりだけでなく、守備でも1対1の強さを発揮。右サイドハーフの堂安律との連係も良好だった。

 1−2で敗れた準々決勝のイラン戦では空中戦で後手に回り、最後のPK献上にも絡んでしまったとはいえ、そもそも高さを期待されている選手ではなく、そういう状況を作ってしまったのはチーム全体の問題である。大会を通して序列を上げたという印象は変わらなかった。

 だが、北朝鮮戦ではまさかのメンバー外。右SBでは、代わりにベンチ入りした橋岡大樹が途中出場を果たした。左右両SBをこなせる長友佑都もいる状況だったため、一人を外すのは理解できるが、なぜ毎熊だったのか。
【PHOTO】日本代表の北朝鮮戦出場16選手&監督の採点・寸評。及第点を上回ったのは4人、最高点は決勝弾の田中碧
 コンディションが万全ではなかった可能性もあるが、試合の前日練習(公開は冒頭の15分のみ)も翌日のトレーニングにも普通に参加していた。

 結果的に中止となった2戦目での起用を予定していたのか。ただ、翌日の練習で、毎熊と2人でランニングをしながら話をしていた長友は、東福岡高の後輩との会話についてこう明かしていた。

「試合に出られなかった“悔しさ”もあるし、昨日の試合で自分たちが出たときに何ができたか、どういうことを考えてプレーしていたかを話していました」

 考えられるのは、コンディションも含めた現在の状態で菅原と毎熊を比較して前者を選び、北朝鮮のパワープレーに備えて、バックアッパーにはエアバトルに強い橋岡を入れたというマネジメントだ。

 いずれにしても、アジアカップでひっくり返ったかに思われた序列はまた白紙となった。橋岡は世界最高峰のプレミアリーグにステップアップを果たしており、右SBのレギュラー争いはさらに激化する様相を呈している。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】前田大然へ北朝鮮MFが悪質なタックル。その時、ベンチから飛び出て激昂した選手がいた――
 

【記事】「こんな幸せなことはない」日朝戦中止→日本代表解散直前に“驚きの発言”をした選手は?

【記事】「絶対してはいけないプレー」堂安律はなぜ味方を叱責したのか「終わってから話もしました」