3月28日、ラ・リーガは3月の月間ベストプレーを発表。久保建英がプレアシストをしたレアル・ソシエダの連係弾が受賞している。

 選出されたのは、3月15日に行なわれたラ・リーガ第29節のカディス戦(2−0)で生まれたゴ―ルだ。

 スコアレスで迎えた28分、相手の守備陣形が整う前に久保がコーナーキックを素早く蹴り込むと、ミケル・オジャルサバルがヒールで流し、ミケル・メリーノが右足でネットを揺らしてみせた。
【動画】まさかの久保をスルー!ラ・リーガ3月の月間最優秀プレー
 ただ、この鮮烈な一撃をラ・リーガが「オジャルサバルとメリーノのプレー」として表彰したため、スペイン紙『Mundo Deportivo』は、こう皮肉っている。

「受賞したプレーはクボ、オジャルサバル、メリーノによるプレーだが、リーガは日本人を忘れている」

 久保の素晴らしいアイデアから生まれた一撃だったのだが...。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「傷ついたから避けて欲しかった」久保建英は暴力的行為を受けたカディスMFと何を話していたのか? 本人に訊いた「僕も熱くなってたんで...」 
​​​​
【記事】「普通にありえない」「神経疑う」悪質ファウル連発で久保建英を激怒させたカディス、公式Xがまさかの“煽り投稿”で大炎上!「まともなチームじゃない」

【記事】「僕とは雲泥の差」「比較する必要ないでしょ」天才MF小野伸二が語る自身と久保建英の“違い”「僕は持っていない。すごい」と称賛したのは?